残業はダンピングなんだよ

という、前回とはおよそ逆の話を先にしよう。

タダで労働力を提供してるわけだから当たり前とはいえ、こういう言い方をすると、他人に迷惑をかけることが嫌いな人には、結構効くのかも。

あまり意識する機会は多くないのかもしれないけど、私たちは、会社に労働力を売って生活している。私たち労働者側から見れば、できるだけラクな仕事をして、できるだけ高い賃金がもらえることが望ましい。一方で会社側は、できるだけきつい仕事をできるだけ安くやってくれる労働者を雇いたいと考えるのが自然。CSRとか言い出して、会社の本音はすごく見えにくくなっているけどね。

そういう中で、ひとり、サービス残業というルール違反をしてまで、仕事をゲットしようという奴がいたとしよう。法的な話を別にすれば、会社はそういう労働者を雇いたいと思うはずだ。

本人は望んだことだからいいかもしれないが、損をするのは他の労働者だ。タダより安い金では働きようがないし、同じように残業を強いられたりしてもたまらない。特に、今職がない人にとっては、タダ働きする奴と限られた雇用枠を争わなきゃいけないことになるわけで、disってもdisり切れないほどの仇敵になる。

さらには、身を捧げてサービスしいる相手であるところの、そして金銭的には大喜びのはずの会社にも、労働法違反に問われて社会的信用を失うリスクを背負わせるわけで、つまるところ、サービス残業すれば、自分以外をみんな敵に回すことになる。


と、ここまでは前置き。実は、この記事で言いたいのは、サービス残業じゃない、残業代をちゃんともらっている残業でも、ダンピングといえるんじゃないか?ということだ。なぜか。

我々は何のために働くのか、とかかっこいい問いは後回しにして、最低限、生活していかなければならないことは確かだ。生活できるだけの給料がもらえなければ、働く意味がないというより、生きていけない、働けないので辞めなきゃいけないことになる。会社から見ると、賃金を下げすぎると従業員が逃げるということになる。

会社から見ると、ここまで賃金を下げると従業員が逃げ出すというライン、働く側から見れば、これ以下に下げられたら生活できないラインというのが存在し、会社はそのラインに探りを入れているわけだ。

ところが、残業代を生活費に充てている人が多数である会社では、そのラインは、残業代を見込んだところに引かれてしまう。残業をしなくては生活できないレベルまで給料が下がっても、従業員が逃げないのであれば、会社は、安心して給料を下げることができる。しかし、残業は本来、会社から命じられてやるもの。もし、仕事が減って残業をしたくてもする仕事がない・・・という状況になったとき、生活に窮するリスクを負うのは働く側なのだ。

人によって生活のしかたは様々だから、それにかかるお金もそれぞれに違う。したがって、人によってラインの位置は違うわけだけれど、それがあまりにも違うと、まとまって会社に対して強くものをいうことが難しくなる。キモい言い方をすると、組合の組織力が落ちる。そうなると、会社は給料を下げやすくなる。

余談だけど、この4月から改正された労働基準法。月60時間以上の残業代が値上げになったわけだけど、上記のような見方からいうと、残業をする人しない人でもラインの差があったのに、残業する人の中でも長くする人と短い人の間で差がさらに大きくなる仕組みになってる。

単純に、残業代上げれば会社が嫌がって何とかするだろうというのは、考え方が単純すぎる。60時間以上はダメだと会社から言われれば、持ち帰り残業とかがはびこるだけで、よけい見えないところで苦しむ人が増えてくるだけだ。

結局のところ、残業をすることで、好むと好まざるとにかかわらず、給料が下がることを許してしまうというのなら、サービスじゃない残業もダンピングなんじゃないかと、そういうことが言いたかったのさ。