読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活生には論理的思考力のない馬鹿が多すぎる

というのは言い過ぎ。これにひっかけてみただけ。

こんなことは、そこらの本にいっぱい書かれているんだろうと思うけれど、就活する学生さんを受け入れるほうの立場になって、とみに思う。


就活というのは苦労して入ることに価値はないんだぞ、と。


選考に悩むのは、会社にとって要る人間か要らない人間か、悩んでるわけなんだ。もしかしたら、こいつ要らないかも、と。

君の能力が、方向性、水準とも会社の求めるものを明らかに満たしているとわかっていれば、面倒な選考など必要ない。わざわざ試したりするのは時間の無駄なんだ。我々の仕事は、採用活動だけじゃない。あっさりと内々定を出すことが、お互いの利益になるのだ。

苦労して得た内々定は、確かに大きな達成感をもたらしてくれるだろう。しかし、内々定をもらうことが人生の目標じゃないなんて、言うまでもないだろ?君は、その会社で一生、とは言わないまでも、長い長い間働くんだ。いつまでも自分を繕い続けられるわけじゃあない。ありのままの姿でいられる場所でなければ、いつかは破綻してしまう。それは、君にとっての不幸であるとともに、会社にとっても不幸なことなんだ。

君がやりたいこと、得意としていることは正確に伝えて欲しい。それが、会社の求めていることと違うときには、ちゃんと説明するから。会社が君にして欲しい仕事が、君にとって2番目に得意なことだったとしよう。1番ではないものの、君は十分その仕事をこなすことができるだろう。しかし、会社は君を採用しないかもしれない。君が一番得意としている仕事を、してほしいと考えている他の会社に、近い将来君が移ってしまうリスクを無視できないからだ。このようなケースの場合、会社は悩む。君が嘘をついてまで内定を取ろうとすることは、会社の判断のミスにつながり、君を一番必要としている他の会社にたどり着くことを阻むことになる。お互いにとっての不幸の始まりなのだ。

君たちが今までくぐり抜けてきた入学試験には、公平性というものが求められている。能力があるのに落とすということが、法的、倫理的に許されないのだ。しかし、就活はそうじゃない。人によって、異なった手続きがとられて当然なのだ。


就活は、あっけなくおわるほど、ぬるいほどいい。入社してからは、決してぬるくはないのだから。

就職が、あっけなく終わった君を祝福しよう。入社してからが、本当の勝負だ。


もっとも、こんなことも説明しないとわからないやつは、はじめからいらないのだが。