ぼそぼそと型枠について語る

そろそろ、コンクリート打ち放しについての誤解を解いておこうと思うのですが、それにはまず、型枠というものについて知ってもらわなくてはならないかな、と。

打ち放しに限らず、コンクリートので柱や梁、壁をつくるためには、まず型枠をつくらなければなりません。食パンが四角いのは、生地を入れる金型が四角いからであるのと同じように、みなさんが目にするコンクリートがあのような形になっているのは、型枠をそのような形につくったからです。もっとも、コンクリートはパン生地のようには膨らみませんので、山型パンのようにはなりませんけど。

型枠の素材は、何でも構いません。世の中には、鋼製、プラスチック製、透明のアクリル製など、さまざまな材質の型枠が存在しますが、加工のしやすさと価格の安さから、木製の型枠が最も多く使われています。

型枠はいわば木箱のようなものですから、中にコンクリートを入れると、圧力に耐えきれずに壊れてしまいます。ご存じのように、固まる前のコンクリートはドロドロの状態ですので、固体と液体の中間の性質を持っています。水槽に水を入れると、深さに応じて水圧が生じるように、コンクリートを型枠に入れたときにも圧力が生じます。この圧力は、コンクリートが柔らかい、つまり液体に近いほど大きくなります。

この圧力に対抗するためには、型枠のまわりを金具やパイプを使って拘束しなければなりません。つっかえ棒としてサポート(そのままですが)と呼ばれる支柱で支えたり、チェーンやワイヤーで引っ張ったりします。締めてばかりではコンクリートを入れる前に内側に倒れ込んでしまいますので、押し広げるほうの力も必要になるわけです。

このように、コンクリートを入れてもビクともしないように型枠を補強するためには様々なものを用いるのですが、コンクリートを入れたときに中に埋まってしまうのは、セパレーターと呼ばれる細い鉄の棒だけです。セパレーターの両端にはネジが切ってあるので、Pコンと呼ばれる、プラスチックのキャップのようなものを取り付けることができます。Pコンからも短い鉄の棒が出ていて、これが型枠の板を貫通し、フォームタイという金具に接合されて型枠を挟み込んで止めるのですが、このあたりはで見たほうがわかりやすいですね。ちなみにリンク先は当方とはまったく関係ありません。

ここで何が重要なのかというと、打ち放しの表面に見える丸いへこみは、Pコンのあとであるということ。そして、Pコンのあとがある箇所には、セパレーターが埋まっていると言うことです。

セパレーターはコンクリートの圧力に抵抗するためのものですから、圧力の高いところではたくさん、小さいところでは少し入れればよいと言うことになります。

なんとなく、型枠というものがイメージできたでしょうか。このエントリーは、これについて触れるための前置きですので、特に主張も何もありませんが、みなさんが疑問に思うことには応えたいと思いますので、コメントにでも書きこんでみてください。

実際には、鉄筋の入ってないコンクリートは極めてまれなので、上記のどこかで鉄筋を入れるのですが、さらっと「ここで鉄筋を入れます」というほど簡単なものでもないので、思い切って省略。