読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

建設業界とIT業界はあまり似ていないという話

建築

談合消滅後の建設業界で何が起きているか
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20080327/151329/

めずらしく、うちの業界の話が急速にはてブを集めている。なんでだろ?と、思ったら、どうやらIT業界と重ねて見てるみたい。

でも、このおっさんは、鳶土工の元社長。間違いなく成功者なんだぜ。たぶん、ベンツかなんかに乗って、優雅な老後を過ごしてる。

たしかに、内容は職人連中と飲んでるときに話すことと変わらん。彼らの意見をある程度正確にトレースしてるといえる。談合以前に、彼らはけっこうすごい額を会社にピンハネされてる。まあ、親方もいる前で、そんなことはたとえ酒の席でもいわないけどね。

逆に、彼らには職長になって、独立して、いつかピンハネするほうに回る、という道が、もちろん能力次第ではあるけど確かに存在しているわけだ。こっそりだけど、そういう夢を語るヤツもけっこういる。

ひとり親方だって、言ってみればベンチャーの社長であるわけだし。もちろん、ベンチャーなりのリスクは負わなきゃいけない道なんだけど。

だから、あんまり自分とこのおっさんを重ねてみると惨めになるぜ。


おっ、と思ったのは、教育のこと。これはIT業界と根本的に違うと思うのだけれど、教育しようにも若いもんが全然集まらないのが現状のはず。それを金の話に置き換えたのは、このおっさんが若手に比較的恵まれた鳶土工の社長だからか、他業種と重ならないから端折られたのかはわからないけど。年齢構成も、IT業界とは全く重ならないんだな。

ニートやってるくらいなら、職人になれよ。