読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昔の旅の話をしよう

インド


突然にインド、というカテゴリーをつくってみた。


インドに行ったのは学生の時分に2回、今から4年前と9年前、いずれも1ヶ月弱の一人旅だった。あいまいな記憶(記録はないのだ。なぜなのかは、追々わかることになる予定)を頼りに、書きたい順に書いていこうと思う。時系列でも、地理的な関連もなく、ただ思い出すままに。


インドに行った、と言うと「カレーは食べた?」とか「おなか壊さなかった?」とか、もっと漠然と「インドってどんな国?」とか、いろんな質問が飛んでくるわけだけど、話下手なせいもあるだろうが、どうもうまく答えられた試しがない。なぜなのか今ちょっと考えてみたけど、それだけでひとつのエントリーになりそうな勢いなので、また後日にとっておくことにする。


だいぶ前に話になるので、残念ながら、これからインドに行こうと思っている人の参考にはならないと思う。私が行った2回の旅行の間にも、インドはものすごい勢いで変わっていた。このところの変化は、それ以上のものがある、らしいよね。聞いたところによると。


1回目の旅はコルカタ(カルカッタ)から入ってデリーから出国。2回目の旅はデリー入国で、出たのはムンバイー(ボンベイ)だった。2つの旅を併せて、インド横断というもの。2回とも日本で手配したのは航空券のみで、宿や食事などは全て向こうで探す、というスタイル。ちなみに、1回目の旅が私にとっての初めての海外旅行だった。


プランとしては、かなり無茶だったかもしれない。


親も泣いてたしね。