借りてきたぬこの観察

世間一般より一足早く、今日からお盆休みをいただいております。

ぬこを飼いだしてから初めての帰省。うちに置いていくわけにもいかず、連れてきてしまいました。まさに借りてきたぬこ。というより、貸し出し中のぬこ。

そこで分かったことがひとつ。よく「犬は人になつく、猫は場所になつく」ってなことをいうけど、どうやらこれは必ずしも正しいとは言えないということ。

父や母や妹など、初対面の人がいると、部屋の隅っこに立てかけたアイロン台の下から出てこねぇ。でも、知ってる顔しかいないとわかれば、意外に大胆に部屋の探検をはじめるんだよな。

この一事だけとって見れば、猫にとっても「人>場所」ってことになるんだろうね。けど、ただ単にうちのぬこの人見知りがひどいってことなのかもしれない。そこは猫それぞれ。無理に一般論に押し広げようとするのは危険ってもんですよ。


そんなわけで、自分の死期を悟る猫がいないなんて、言い切れないじゃん。って、さっきトリビア見ながら思ったよ。